球界ここだけの話(2558)

ノムさんの〝遺言〟に思う中田翔問題

サンスポ
栗山英樹氏
栗山英樹氏

昨年12月。野村克也さんをしのぶ会に参席した侍ジャパンの栗山英樹監督はこう回顧した。

「(日本ハムの)監督を10年やって、一番心に残っていたのは『小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり』との言葉。人が育つためにはそういう風にしなければいけないということを、ずっと自分自身も感じ続けてきて…。(天国の野村さんから)改めてその言葉を享受させていただきました」

栗山監督だけでなく、教育現場や各界組織のトップの多くも大切にする言葉。自己満足のために行う善行はそれが善意から発したものであっても結果的に人を傷つける大悪と変わらないことがある。対して、本気で相手の幸せを考えて行う善行は時として情け容赦のない態度と誤解されることもある。

野村克也氏も生前、「好かれなくても良いが、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人間に、真のリーダーシップは取れない」と語ってきた。そして、栗山監督は野村氏が他界した2020年2月11日の直後、キャンプ地の監督室のボードに前述の「小善は…」の言葉を書き記したという。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」