春高バレー

〝台風の目〟県岐阜商、3回戦で散る

産経ニュース
【第74回春の高校バレー男子 3回戦 雄物川(秋田)対県岐阜商(岐阜)】第2セット ブロックに跳ぶ雄物川・角田颯哉(左・2)、高橋一太(8)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)
【第74回春の高校バレー男子 3回戦 雄物川(秋田)対県岐阜商(岐阜)】第2セット ブロックに跳ぶ雄物川・角田颯哉(左・2)、高橋一太(8)=7日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われるバレーボールの第74回全日本高校選手権で、3回戦に進んだ男子の県岐阜商は雄物川(秋田)にストレート負けした。

相手のサーブで狙われたエース加島仁(3年)は、本来の力を発揮できなかった。「サーブレシーブを返せず迷惑をかけた。ここまできたからには勝ちたかった」と悔やんだ。

昨年12月中旬、加島と対角を組む和田統偉(とうい)(2年)が試合中に左膝の前十字靭帯(じんたい)を損傷。主力を欠く中、2回戦で優勝候補の清風(大阪)を破ったが、躍進はそこまで。加島は「次は(4強以上が戦う)センターコートに立つという目標を達成してほしい」と後輩たちに夢を託した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  5. 元関脇勢が引退 婚約していた比嘉真美子とはすでに破談