中国、米国式民主主義は「破綻だらけ」 米議会襲撃1年を受け批判

産経ニュース
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は6日の記者会見で、米連邦議会議事堂襲撃事件から1年が経過したことに関し、「米国式民主主義は破綻百出だ」と批判した。

中国は、バイデン米政権が昨年12月に「民主主義サミット」を開いたことに反発し、米国が掲げる民主主義を批判するキャンペーンを繰り広げた。汪氏は、襲撃事件について「世界を驚愕(きょうがく)させた」と主張。混乱を生んだ米軍のアフガニスタン撤収にも触れて、「米国は教訓をくみ取ることがないばかりか、民主主義のリーダーを気取って民主主義サミットを行った」と非難した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」