共栄学園が前々回優勝の東九州龍谷を逆転で撃破 エース堤が42得点の大爆発「本当にうれしい」/春高バレー

サンスポ
第2セット、得点して喜ぶ共栄学園の選手ら=東京体育館(撮影・甘利慈)
第2セット、得点して喜ぶ共栄学園の選手ら=東京体育館(撮影・甘利慈)

第74回全日本バレーボール高校選手権第2日(6日、東九州龍谷1-2共栄学園、東京体育館)女子で、共栄学園(東京)が前々回優勝の東九州龍谷(大分)に逆転で勝利し、3回戦に進出した。

第1セットを18-25で落としたが、粘りを見せた。エースの堤亜里菜(3年)がスパイク、ブロックなどを次々決めた。第2セットを25-17、第3セットも一進一退の攻防が続く中、堤が攻守に活躍。最後はこの日、42得点目のアタックで25-21。1時間7分に及ぶ名門校同士の対決を制した。

春高開幕前日の4日に、左足首を捻挫した扇谷(おうぎや)光憂(3年)も戦列復帰。万全ではない中でも、レシーブなどで度々、チームを救った。堤は「(皆が)フォローしてくれるし、エースとしてやらなきゃいけなかった。勝てて本当にうれしい」と白い歯をこぼした。全員で勝ち取った試合に、中村文哉監督は涙を流して喜んだ。

前々回優勝校を破り、自信を深めた。堤は「日本一を取りたい」。中村監督は「自分たちのプレーができれば戦える」と言葉に力を込めた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び