背中丸め判決聞き入る 被告、説明に「はい、はい」

産経ニュース
判決を聞く勝田州彦被告(イラストと構成・田村角)
判決を聞く勝田州彦被告(イラストと構成・田村角)

「被告人を無期懲役に処する」。6日に岡山地裁で開かれた岡山県津山市の小3女児殺害事件の判決公判で、法廷では一貫して無実だと訴えていた勝田州彦(くにひこ)被告(43)は手を膝に置き、背中を丸めて裁判長が読み上げる判決理由を聞いていた。

これまでの公判同様、上下濃紺のジャージーにサンダル姿で入廷。マスクを着け、弁護人の隣で時折、傍聴席に目をやった。判決は「事実と向き合っていない」と厳しく批判した。言い渡し後、裁判長が控訴手続きを説明すると、小さな声で「はい、はい」と応じた。

検察側によると、取り調べで一時、殺害を認めたが公判では「絶対に殺害していない」と主張、検察側の被告人質問には黙秘した。弁護側の質問に対し、平成16年ごろに数回、車で津山市を訪れ女の子を尾行したことがあると説明。「女の子を見るだけでも楽しい」と話していた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」

  5. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告