清風、男子優勝候補がまさかの初戦敗退/春高バレー

サンスポ
試合に敗れ、肩を落とす清風の選手=東京体育館(撮影・佐藤徳昭)
試合に敗れ、肩を落とす清風の選手=東京体育館(撮影・佐藤徳昭)

第74回全日本バレーボール高校選手権第2日(6日、県岐阜商2-0清風、東京体育館)男子で優勝候補の清風(大阪)がまさかのストレート負け。相手の強いサーブで崩されて速攻を封じられ、ブロックを抜いて打っても先に待ち受けるレシーバーに拾われた。

「向こうが自分たちのデータを取って潰しにかかってきた」とはコート主将でセッターの前田凌吾(3年)。前回3位のシードで、この2回戦が初戦となり、「気持ちが高ぶって、浮ついたところがあった。相手の対策に対抗できなかったのが負けの要因かと思う」と目を潤ませた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」