春高バレー

男子1回戦 清水桜が丘(静岡)ミスに泣く

産経ニュース
【東海大相模-清水桜が丘】第1セット ブロックに跳ぶ、清水桜が丘の望月寛太(2)=5日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【東海大相模-清水桜が丘】第1セット ブロックに跳ぶ、清水桜が丘の望月寛太(2)=5日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は5日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の1回戦40試合が行われ、静岡県代表の男子・清水桜が丘は東海大相模(神奈川)と対戦したが、ストレート負けを喫して初戦で姿を消した。

第1、2セットともに一進一退の戦いを繰り広げたが、いずれもミスが連発して接戦を落とすという、悔しい結果となった。

チームは走り込みで培ったスタミナを武器に、最後まであきらめない得意の粘りのバレーを展開。サウスポーの望月敬(3年)の強烈なスパイクやバックアタックが次々と決まったが、肝心なところでミスが相次いだ。

象徴的だったのは第2セット終盤。2点リードしていたものの、「勝負を焦った」という望月敬がスパイクを打ちあぐねるなどしている間に逆転を許し、そのまま逃げ切られた。

2回戦敗退だった前々回大会の戦績を上回る結果を残すのが目標だったが、初戦で幕を閉じた。

●牧田健司監督「終盤はいいラリーを展開できた。大事な場面で精神的な弱さが出た。もったいなかったが、次につながるいい経験だ」


主将①小池 嵩也=3年、182センチ

②望月 寛太=3年、182センチ

③望月 敬太=3年、184センチ

④山本 壮哉=3年、185センチ

⑤橋本 大和=2年、179センチ

⑥杉山 桜太=2年、185センチ

⑦戸塚 大貴=3年、168センチ

⑧四條 龍生=3年、179センチ

⑨西沢 統生(とうき)=3年、171センチ

⑩長島 波琉(はる)=2年、177センチ

⑪若杉 拓実=3年、166センチ

⑫末吉 幹太=2年、164センチ

⑬大滝 遥斗=1年、162センチ

⑭小長谷 喜一=2年、159センチ

⑮横山 和志=1年、180センチ

⑯大塚 瑞輝=3年、170センチ

⑰白鳥 勝也=2年、173センチ

⑱大谷 航太郎=1年、169センチ