春高バレー

監督急逝の青森西、初戦敗退も「出し切った」

産経ニュース
(青森県版用)【第74回春の高校バレー】1回戦 D2 青森西(青森)対熊本信愛女学院(熊本) 第2セット、スパイクを放つ青森西の宮古明依(5)=5日、東京体育館(萩原悠久人撮影)
(青森県版用)【第74回春の高校バレー】1回戦 D2 青森西(青森)対熊本信愛女学院(熊本) 第2セット、スパイクを放つ青森西の宮古明依(5)=5日、東京体育館(萩原悠久人撮影)

5日に東京体育館で開幕した「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会で、女子の青森西は指揮官不在で1回戦に臨んだ。チームを5大会連続出場に導いた木村大地監督=享年(46)=が昨年12月に急逝。選手たちは笑顔の遺影に見守られながら戦った。試合には敗れたが、沢野花梨主将(3年)は「力は出し切った」と語った。

「任せたぞ」。沢野が恩師にかけられた最後の言葉だ。体調不良を訴えた木村監督は全国大会に向けたチームの写真撮影に参加後の昨年11月に入院。そのまま帰らぬ人となった。「きょう1日は泣いてもいい。明日から春高に向けて頑張ろう」。訃報を伝えた中村卓也コーチは涙ぐむ選手たちにそう声をかけた。

だが、30分後には練習を始めていた。夏の高校総体後、ネットを男子の高さにしたスパイク練習を導入するなど、工夫を凝らして鍛えてくれた指揮官に報いるため、選手たちは必死だった。「他校の先生方も指導に来てくれた。悔しがっている暇はない」。唯一の3年生の沢野も後輩を励まし、この日に備えてきた。

1回戦の相手は強豪・熊本信愛女学院。青森県協会の斎藤達人理事長が監督代行を務める中、チームは粘り強く戦ったが勝利には届かなかった。タイムアウトの際、「笑顔で! 先生見てるよ!」と仲間を鼓舞した沢野は「頑張りました。3年間ありがとうございました」と天から見守った恩師に伝えた。(奥村信哉)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病