春高バレー

女子1回戦 富士見(静岡)善戦も及ばず

産経ニュース
【第74回春の高校バレー1回戦 東九州龍谷(大分)対富士見(静岡)】第2セット、スパイクを放つ富士見の森万穂里(2)=5日、東京体育館(萩原悠久人撮影)
【第74回春の高校バレー1回戦 東九州龍谷(大分)対富士見(静岡)】第2セット、スパイクを放つ富士見の森万穂里(2)=5日、東京体育館(萩原悠久人撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は5日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の1回戦40試合が行われ、静岡県代表の女子・富士見は東九州龍谷(大分)と対戦。善戦したものの、ストレート負けを喫し、初戦で姿を消した。

富士見は、一昨年に優勝した名門・東九州龍谷が得意とする「高速コンビバレーを封じる」(甲斐健悟監督)作戦で、フェイントやクイック、移動攻撃などを積極的に仕掛けて勝機を見いだそうとした。

第1、2セットともに中盤まで手に汗握るシーソーゲーム。セッター・清水(3年)が絶妙なトスを上げ、抜群のジャンプ力を誇る主将・油井(3年)のほか、森(3年)や渡辺(1年)の強打がコートに突き刺さった。

だが、第1、2セットともに終盤、レシーブやサーブのミスが相次ぎ、点差を広げられる苦しい展開となり、涙をのんだ。

油井は今後の課題として守備面を挙げ、「後輩たちのレベルアップに期待したい」と後を託した。

●富士見・甲斐健悟監督「(強豪相手に)攻撃面で食い下がることができ、試合をつくれた。満足している。最後は守りのミスの差が勝負を分けた」

①油井 輝星(きらら)=3年、168センチ

②森 万穂里=3年、172センチ

③村瀬 瑠香=3年、170センチ

④岩下 芽生(めい)=3年、166センチ

⑤佐野 華鈴=3年、166センチ

⑥仁藤 夏帆=3年、169センチ

⑦千葉 優姫(ゆうき)=3年、165センチ

⑧清水 優香=3年、163センチ

⑨小池 ゆうき=2年、164センチ

⑩奥山 真都衣(まとい)=3年、160センチ

⑪久保山 日暖(ひなた)=3年、160センチ

⑫渡辺 実羽香(みうか)=1年、180センチ

⑬岩辺 凛=3年、171センチ

⑭鈴木 那琉(なる)=3年、162センチ

⑮八田 舞花=1年、168センチ

⑯鈴木 光優(みゆう)=2年、159センチ

⑰野口 優奈=1年、159センチ

⑱土屋 菜々美=2年、164センチ