ソニーグループのEV新会社設立に歓迎の声相次ぐ 既存の自動車関連企業と提携予想する書き込みも

iza
左から、SUVタイプの新型試作車「VISION−S 02」と、従来型のセダンタイプ試作車「VISION−S 01」
左から、SUVタイプの新型試作車「VISION−S 02」と、従来型のセダンタイプ試作車「VISION−S 01」

ソニーグループは5日、米ラスベガスとオンラインで同日から開催される世界最大規模の家電IT見本市「CES2022」への出展に合わせ、電気自動車(EV)の新会社を設立し、市場参入を本格検討する方針を公式サイトで発表した。この方針について、ネットでは早速歓迎と期待の声があがっている。

社名は「ソニーモビリティ株式会社」で、今年春設立予定。同グループ公式サイトで発表された事業趣旨では、AI・ロボティクス技術を活用し、ロボットと日常的に共生する世界の実現による社会貢献を目標に掲げている。エンターテインメントロボットのaibo、ドローンのAirpeakの事業を統合したうえで、EV事業を加え、幅広い領域での新たな価値創造を行っていくという。

同社は2020年のCESでセダンタイプの試作車「VISION-S」を初披露。同年12月には欧州で公道走行テストを開始し、各種システムなどの安全性やユーザーエクスペリエンスを検証。21年4月からは5G走行試験を開始させるなど、同社の技術を継続的に投入し、EV化が進むモビリティー環境における新たな体験の提供に向けた活動に取り組んできた。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表