春高バレー

男子1回戦 霞ケ浦(茨城) らしさ発揮 逆転勝利

産経ニュース
【霞ケ浦―福井工大福井】第2セット、スパイクを放つ霞ケ浦の青木太一(4)=5日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)
【霞ケ浦―福井工大福井】第2セット、スパイクを放つ霞ケ浦の青木太一(4)=5日、東京体育館(鴨志田拓海撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権は5日、東京体育館(東京都渋谷区)で男女の1回戦40試合が行われた。県勢の男子・霞ケ浦は福井工大福井(福井)にフルセットの末、逆転勝ちを収めた。6日の2回戦は雄物川(秋田)と対戦する。女子・日立二は6日に登場し、初戦の2回戦で岡崎学園(愛知)と顔を合わせる。

霞ケ浦は第1セットを大差で落とした。主将でエースの青木が「会場の雰囲気とボールの軌道に慣れなかった」と話すように、自分たちのバレーができなかった。「霞ケ浦らしさ」を取り戻したのは第2セットから。「重く考えず、自分たちの力を出すために気軽にやろう」(青木)と気持ちを切り替えた。序盤から一進一退の攻防となったが、セッター・新谷は青木にトスを上げ続け、エースの強打につなげた。終盤は勝負どころでブロックポイントが決まり、最後は青木が決めてフルセットに持ち込んだ。

勝負の第3セットは序盤の連続得点で勢いに乗り、チーム全員が躍動。最後は相手のサーブミスで逆転勝利を果たした。

青木は「格が上の相手だったので勝ててうれしい」と笑みを浮かべ、2回戦も「自分たちの流れに持ち込み、強いチームを倒したい」と意気込んだ。(谷島英里子)


〇霞ケ浦・岩崎匡史監督「高校生は一戦一戦で強くなる。2回戦も出だしから(主将の)青木を中心に攻めていきたい」

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明