「TOKYO MER」映画化決定でファン歓喜 「シーズン2楽しみにしてた」「SPドラマもやって」とテレビ版続編へのリクエストも

iza
鈴木亮平(東京・新宿区)
鈴木亮平(東京・新宿区)

俳優、鈴木亮平主演で昨年7月期にTBS系の日曜劇場枠で放送されたドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」が来年に映画化されると5日、番組公式サイトなどで発表され、公式SNSには同作のファンが集結して盛り上がりを見せている。

同作は、危険な事故現場に果敢に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」の活躍を描く物語。最終回では平均世帯視聴率19.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど人気を博し、放送終了後も、SNSなどには続編や映画化を望む声が多かった。

劇場版でもチーフドクター・喜多見幸太役を鈴木が務めるほか、賀来賢人、中条あやみ、菜々緒、仲里依紗、石田ゆり子ら豪華キャスト陣の続投も決定。

同日午前4時に投稿された公式ツイッターの告知ツイートには、午前10時の時点で2万を超える「いいね」が寄せられ、「やったぁぁぁ!おかえりなさい」「また、喜多見さん達に会えるなんて!」「ドラマ版のメンバーもほとんど続投とのことで期待大」「昨夏の興奮がいまだに冷めておらず何度も観てます」「MER了解! 死者ゼロです! また聞けるんですね」「またはらはら、感動させてほしいです」といった、同作のファンからの歓喜のリプライや引用リツイートが相次いでいる。

連ドラながらスペクタクルな場面が多かった作品ということもあって、「あの迫力は映画向きだと思っていました」「MERの設定なら、巨大スクリーンで観ても面白いかも」「映画でしか出来ない内容を期待しています」と期待が高まっている。

映画化を歓迎する反響の一方で、「できれば映画ではなくまた連続ドラマで観たかったな」「シーズン2を楽しみにしていた」「映画前にSPドラマもやってほしい!」など、テレビでの続編制作へのリクエストも散見された。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び