春高バレー

宮城男子代表・仙台商が勝利

産経ニュース
【第74回春の高校バレー】男子 1回戦 B4 仙台商(宮城)対鳥取中央育英(鳥取) 第2セット、スパイクを放つ仙台商・山元快太(1)=5日、東京体育館(撮影・甘利慈)
【第74回春の高校バレー】男子 1回戦 B4 仙台商(宮城)対鳥取中央育英(鳥取) 第2セット、スパイクを放つ仙台商・山元快太(1)=5日、東京体育館(撮影・甘利慈)

2年連続8度目の出場となる仙台商(宮城)は第1セット序盤、鳥取中央育英のブロックに阻まれ、思うように得点につなげられない。一進一退の攻防が続いたが、192センチの長身で主将の山元が「練習の成果が出た」というサービスエースが決まるなどして、中盤からリズムをつかむと、点差を広げ、25-19でこのセットを奪った。

第2セットも序盤こそ相手チームにリードを許したが、逆転に成功。山元やミドルブロッカーの野呂田の活躍で着実に点を重ねた結果、ストレート勝ちで2回戦進出を決めた。