黄昏のジャンクフード(8) ぶぶか 油そば 辛辛辛辛辛こってり 今まで食べなかったことを後悔 決め手は極太麺

イザ!
明星食品のカップ麺「ぶぶか 油そば 辛辛辛辛辛(5辛)こってり」
明星食品のカップ麺「ぶぶか 油そば 辛辛辛辛辛(5辛)こってり」

《ドン・キホーテ特売品の自腹レビュー》

ディスカウントストア大手、ドン・キホーテのとある店舗で売られていた奇抜なカップ麺やスナックなどを紹介するシリーズ企画「黄昏のジャンクフード」。同社の特売品の中から、記者が気になった商品を自腹で購入し、実食した感想などについてつづるというもので、記事の最後に、もう一度買って食べたいかどうかを評価します。新年一発目となる今回は、明星食品のカップ麺「ぶぶか 油そば 辛辛辛辛辛(5辛)こってり」を取り上げます。

東京・吉祥寺の「らーめん専門店 ぶぶか」の看板メニュー「油そば」を再現した「明星 ぶぶか 油そば」のバリエーションとして、8月に発売された通年販売商品。同社公式サイトの商品紹介によると、同社史上最高レベルの「5辛」でありながら、激辛濃厚醤油だれ・唐辛子マヨ・辛揚げ玉入りふりかけで、ぶぶからしいこってりした味わいを兼ね備えた、「鬼ごっつい辛さと旨み」が特徴とのこと。ソースがよく絡む、食べ応えのある同社のカップめん史上最も太い麺もアピールポイントとなっています。内容量は163グラム(めん130グラム)で、カップやきそばの「大盛り」と同等のボリューム。希望小売価格が税込み248円のところ、107円と半額以下で購入。賞味期限があと1カ月に迫っていたため、在庫処分の特価と思われます。

「ぶぶか」は名前は知っていたのですが、一度も食べに行ったことがなく、本家の味は知りません。また、オリジナルの「明星 ぶぶか 油そば」も食べたことがないので、シンプルにこの商品だけにフォーカスした感想になります。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  3. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…