帰省Uターンがピーク オミクロン株拡大懸念も

産経ニュース

年末年始を古里や行楽地で過ごした人のUターンのピークが見込まれる3日、新型コロナウイルス禍で自粛していた遠出を久々に楽しんだ人で駅や空港が混雑しそうだ。ただ新変異株「オミクロン株」が全国的に確認されており、今後の感染拡大が懸念される。

JR各社によると、3日は東海道、山陽、九州の各新幹線の上りで、一部列車の指定席が混雑する見通し。東北、上越、北陸の各新幹線は先月22日時点で、年末年始(同28日~今月5日)の指定席予約数が、2020年度比2倍以上に伸びた。

全日空は先月24日時点で、同25日~今月4日の国内線予約数が113万7千人と、20年度比で約1・5倍となった。