青学大、1年生コンビで往路圧勝!原監督は若林にご満悦「〝若の神〟という称号を与える」/箱根駅伝

サンスポ
5区で青学大のルーキー若林が、区間3位の走り。2年ぶりの往路優勝に貢献した(撮影・蔵賢斗)
5区で青学大のルーキー若林が、区間3位の走り。2年ぶりの往路優勝に貢献した(撮影・蔵賢斗)
1位でゴールする青学大・若林。満面の笑みでガッツポーズを見せた (撮影・佐藤徳昭)
1位でゴールする青学大・若林。満面の笑みでガッツポーズを見せた (撮影・佐藤徳昭)

第98回東京箱根間往復大学駅伝往路(2日、東京・大手町-神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場=107・5キロ)1年生コンビで圧勝!! 昨年往路12位に沈んだ青学大が、5時間22分6秒で2年ぶり5度目の往路優勝を果たした。3区で太田蒼生(あおい、1年)が区間2位となって首位に上がると、山上りの5区で若林宏樹(1年)が区間3位の走りで逃げ切った。エントリーした16選手全員が1万メートルで28分台の自己ベストを持つ史上最強軍団が、3日の復路で2年ぶり6度目の総合優勝を狙う。

刺すような寒さとなった新春の箱根路。澄み切った空気の中、フレッシュグリーンが輝いた。山上りの5区に抜擢(ばってき)された1年生が大仕事。最後のカーブを曲がると、青学大の若林は右拳を握り締め、白い歯を見せた。

「頂上は風が強くて進まず、心が折れたが、つないでくれた4人の思いを背負ってゴールするんだという強い気持ちを持って走り切れた」

2位の東京国際大と1分37秒差でたすきをもらった。上りで後続との差を広げ、区間3位の好走。2位(帝京大)との差を2分37秒に広げてゴールテープを切った。青学大は区間賞こそなかったが、全5選手が区間順位1桁に入った。特に、3区で区間2位の快走でトップに立った太田と、5区若林の1年生コンビが光った。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も