2022年、最も注目すべきは“ビッグボス”新庄! 日ハムにもたらされるすさまじい「経済効果」とは

ITメディア
“ビッグボス”新庄効果が注目される(出所:北海道日本ハムファイターズ公式Webサイト)
“ビッグボス”新庄効果が注目される(出所:北海道日本ハムファイターズ公式Webサイト)

2021年は東京五輪の開催もあり、さまざまなスポーツに注目が集まりました。野球界でも、大谷選手がリアル二刀流でア・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得し、メジャーリーグでもトップ選手の一員となりました。では、日本のプロ野球界はどうでしょうか。楽しみな人物がプロ野球界に戻ってきて、22年は日本のプロ野球が一段と注目を集めそうです。

その人物とは、“ビッグボス”こと北海道日本ハムファイターズ新監督の新庄剛志さんです。

新庄さんは現役のプロ野球選手よりも注目を集め、21年のオフシーズンから話題を独占しています。ビッグボスは日本ハムファイターズの地域密着戦略とどのように絡み合っていくのか。また、新庄さんが監督になることで、プロ野球界はどう変わるのか。小売り・サービス業のコンサルティングを30年間続けてきたムガマエ株式会社代表の岩崎剛幸が分析していきます。

プロ野球ビジネスはオワコン?

プロ野球に対して、おじさんがビールを飲みながら見る“古いスポーツ”という印象を持つ人もいると思います。しかし、実際に球場に足を運ぶと、想像以上に子どもたちやZ世代の若者、そして女性ファンが多いことに気付きます。野球がおじさんのものだったのはもう昔の話。今は若者と女性が野球人気を支えているようです。

実際、野球そのものにはどの程度人気があるのでしょうか。世の中のレジャー、スポーツカテゴリーの入場者数や観客動員数と比較してみました。

20年度は入場者50%制限や試合そのものの中止、休館などが響いてレジャー・スポーツ全般は軒並み苦戦しました。しかし、コロナ前の19年までは入場者数や観客動員数は増加傾向にありました。「体感・体験型レジャー」として、ここ数年は人気が高まっていたのです。

特に、音楽などのライブ、テーマパーク、プロ野球は日本のレジャー・スポーツジャンルにおいてトップ3の入場者数を誇っています。また、スポーツジャンルの中ではプロ野球が今も圧倒的に人気だと分かります。

では、プロ野球の入場者数はどのように推移しているのでしょうか。ここ10年間の入場者数を見てみましょう。