バイデン氏、プーチン氏にウクライナ緊張緩和迫る 侵攻には断固対応

産経ニュース
バイデン米大統領、ロシアのプーチン大統領(いずれもゲッティ=共同)
バイデン米大統領、ロシアのプーチン大統領(いずれもゲッティ=共同)

バイデン米大統領は30日、プーチン露大統領と電話会談し、露軍が国境近くに大規模展開するウクライナ情勢をめぐり、緊張の緩和を強く求めた。バイデン氏は集中的な外交努力を続けるとしたが、露軍が侵攻した場合にはロシア側に深刻な代償が伴う「断固とした対応」(サキ大統領報道官)を同盟諸国と行うと警告した。

米政府高官によると、両首脳は約50分間の会談で「真剣で実質的な対話」を交わしたという。

高官によると、バイデン大統領はプーチン氏に対し、対話による緊張緩和の道筋を引き続き模索するとした一方、それにもかかわらず露軍がウクライナへ侵攻した際には「深刻な代償と結果」を伴う対抗措置をとる考えを明確にした。

具体的には、国際金融システムからの遮断を含む厳しい経済制裁に加えて、北大西洋条約機構(NATO)加盟国における兵力態勢の増強、ウクライナに対する追加的な防衛支援を準備しているという。

一方、ウクライナ情勢をめぐっては、来年1月10日にジュネーブで開催予定の米露高官による戦略安定対話、それに続くNATOや欧州安保機構(OSCE)におけるロシアを交えた協議を通じ、集中的な外交努力が続けられる見通し。

ただ、バイデン氏は、外交による実質的な進展は「緊張の高まりではなく緩和した環境下でのみ起こりうる」(サキ大統領報道官)とし、プーチン氏に国境沿いの部隊の後退を含む緩和措置を速やかにとるようクギを刺したとみられる。(ワシントン 渡辺浩生)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…