村上よ三冠王獲れ!ヤクルト・高津監督から若き主砲に指令、04年松中以来史上8人目栄光へ

サンスポ
高津監督(左)が村上に対し、壮大な指令を下した=11月19日撮影
高津監督(左)が村上に対し、壮大な指令を下した=11月19日撮影

ヤクルト・高津臣吾監督(53)が30日、主砲の村上宗隆内野手(21)に対し、「首位打者・最多本塁打・最多打点」のタイトルを独占する三冠王の獲得指令を出した。2004年のダイエー・松中信彦を最後に出ていない偉大な記録。今季39本で初の本塁打王に輝いた4番打者が、史上8人目の栄光に挑む。

4番打者に座る大砲に、高津監督は最もハードルの高い指令を出した。それは、プロ野球で7人しか達成していない三冠王。今季、セ・リーグトップタイとなる39本塁打を放ち、本塁打王を獲得した村上に18年ぶりの偉業を期待した。

「(首位打者・最多本塁打・最多打点を)全て取るぐらいの気持ちでシーズンに入っていっても、いいんじゃないですかね」

1938年秋に中島治康(巨人)が初めて三冠王となり、野村克也(南海)や王貞治(巨人)、落合博満(ロッテ)らが達成。球界全体では2004年の松中信彦(ダイエー)、セ・リーグでは1986年のバース(阪神)を最後に達成者が出ていない。

村上はかねて「(高い目標を掲げることは)誰もが思っていること」と貪欲な姿勢で野球に取り組む。今季の112打点はリーグトップの巨人・岡本和に1点届かずに同2位。打率は・278に終わったが、昨季は同5位の打率・307をマーク。アベレージを残せることを証明した。

「(打率)3割以上を打つことは、絶対できると思っている。今季の反省点は伸びしろだと思う。さらに上を目指したい」。打撃の主要タイトルを総なめにし、歴代のスラッガーに肩を並べる。(横山尚杜)

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び