来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

zakzak
できることは備えること。防災グッズは必携だ
できることは備えること。防災グッズは必携だ

このところやけに地震が多い。東北、首都圏、関西、九州・鹿児島…と至る所で発生。2021年、震度5弱以上は10回を数えるが、そのうち5回が10月以降に起きた(12月21日時点)。来るべき巨大地震への警告なのか。ウェブ会員向けに「MEGA地震予測」を配信する地震科学探査機構(JESEA)では、今最も危険なゾーンとして3つの地域を挙げる。(海野慎介)

JESEAでは、地上2万キロメートルを周回するGNSS(衛星測位システム)のデータを利用し、国土地理院が公表する全国約1300カ所の電子基準点で、どのような地殻変動が起きているかを観測している。

①1週間ごとの上下方向の動きである「週間高さ変動」②長期的な上下方向の動きである「隆起」「沈降」③東西南北の「水平ベクトル」の動き。この3点を総合的に分析し、地震が起きる恐れのあるエリアを割り出している。

13年から20年にかけて、発生3~6カ月前までに地震の前兆をとらえたケースは実に76・9%に達する(JESEA調べ)。測量工学の世界的権威で、JESEA会長の村井俊治・東京大学名誉教授が、22年1月までに「かなり危ない」と指摘するのがここだ。

■東北・太平洋岸

「地震の常襲地帯」である東北地方では21年、震度5弱以上が4回発生した(12月21日時点)。引き続き、「最高度の警戒が必要」と村井氏は語る。

「太平洋側は東日本大震災の反動で『隆起』が続く一方、日本海側は『沈降』し、宮城県の『牡鹿』と山形県の『鶴岡』の基準点で16センチの高低差がある(12月1日時点)。いわば、奥羽山脈を中心とするそのエリアにひずみがたまっている。なかでも水平ベクトルが南東に引っ張られている太平洋岸は危ない」

山形県内では「沈降」が目立つが、「大蔵」「西川」「山形小国」では4センチ以上の週間高さ変動を確認(12月1日時点)。異常な状況が続いている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」