空手で8人オミクロン感染 スポーツ界初、カザフ派遣

産経ニュース

全日本空手道連盟(全空連)は30日、カザフスタンで行われたアジア選手権(20~22日)に派遣した選手団28人のうち8人が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に感染したことが判明したと発表した。スポーツ界で同変異株への感染が明らかになるのは初めてとみられる。氏名は公表されていない。

選手団は24日の帰国時のPCR検査で選手10人、スタッフ1人の計11人がコロナの陽性反応を示した。その後の調査でうち8人の感染がオミクロン株だったと判明。関係当局からの通知によると、残る3人も同株感染疑いが残っている。8人のうち1人は既に陰性になっている。

25日に行った再検査で新たに4人が陽性となったが、オミクロン株かどうかの通知はない。その後、2人が陽性となり現在のコロナ感染者は計16人。いずれも無症状か軽症で、政府指定ホテルなどで隔離措置をとっている。

大会はカザフスタンのアルマトイでジュニア部門などを含めると18~22日に開催。全体で20以上の国・地域から選手約450人が参加した。