井岡、福永とも計量一発パス 31日にボクシング世界戦

産経ニュース
前日計量を終え、撮影に応じるチャンピオンの井岡一翔(左)と挑戦者の福永亮次=大田区総合体育館(佐藤徳昭撮影)
前日計量を終え、撮影に応じるチャンピオンの井岡一翔(左)と挑戦者の福永亮次=大田区総合体育館(佐藤徳昭撮影)

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(31日、東京・大田区総合体育館)の計量が30日、試合会場で行われ、4度目の防衛を狙う王者の井岡一翔(志成)は上限の52・1キロ、挑戦者で同級6位の福永亮次(角海老宝石)は52・0キロで、ともに一発でパスした。

当初予定された国際ボクシング連盟(IBF)王者との王座統一戦が新型コロナウイルスの新変異株拡大の影響で中止となり、急遽相手を変更しての防衛戦に臨む井岡は「心理としては複雑でしたけど、ここで立ち止まっていられない。これも一つの挑戦」と話し、「何か伝わる熱い試合をして、少しでも盛り上がれば」と決意を述べた。

世界初挑戦となる35歳の福永は「テレビでしか見たことがない。気合が入った」と井岡との初対面に気持ちを高ぶらせ、「いい試合をして、いい年越しをしたい」と王座獲得を誓った。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」