変異株 ファクターX コロナ禍で日本人はどう変わったか?

「睡眠が1時間増えるごとに感染率は12%低下」の研究結果 「1日20分の運動で平均寿命が5歳伸びる」は真実

ZAKZAK

最大の原因は人手不足です。ECMOや人工呼吸器を扱える専門的な知識と技術や経験を有する「集中治療専門医」や「救命救急医」が足りないのです。また、日本の医療機関は民間が8割で、公的医療機関が2割しかないことも、コロナ対策で後れをとった原因です。

岸田政権はこの病床確保を急いでいるそうですが、人材不足とシステムの問題ですから、一朝一夕にできることではありません。いま、私が言えることは、ともかく、近所にいつでも診てもらえる「かかりつけ医」をつくってほしいということです。ワクチン接種、PCR検査などもすべて窓口になってもらえるので、早急に「かかりつけ医」をつくることをお勧めします。

仮にオミクロン株の弱毒化で、コロナがインフルエンザ、風邪並みになったとしても「かかりつけ医」は大切です。

■富家孝(ふけ・たかし) 医師、ジャーナリスト。1972年東京慈恵会医科大学卒業。病院経営、日本女子体育大学助教授、新日本プロレスリングドクターなど経験。「不要なクスリ 無用な手術」(講談社)ほか著書計67冊

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害