変異株 ファクターX コロナ禍で日本人はどう変わったか?

「睡眠が1時間増えるごとに感染率は12%低下」の研究結果 「1日20分の運動で平均寿命が5歳伸びる」は真実

ZAKZAK
オミクロン株への警戒を呼びかける小池百合子東京都知事
オミクロン株への警戒を呼びかける小池百合子東京都知事

新型コロナ感染症のパンデミックは、私たちの生活を大きく変えました。度重なる自粛要請や行動様式の規制により、この2年間、何度も「巣ごもり」を余儀なくされました。

その結果、コロナに感染するリスクは減りましたが、別の大きなリスクに直面しています。運動不足と睡眠不足です。

コロナ対策としてのワクチン接種は進みましたが、ワクチンはただ打っただけでは効果は十分に発揮されません。というのは、運動不足になると、免疫力が低下するというデータがあるからです。一般的に、運動不足は、生活習慣病、認知症やうつ病、自殺などのメンタル疾患のリスクも高めます。コロナ禍になってから、糖尿病患者が増えました。さらに、感染リスクも高めるのです。

英スポーツ医学ジャーナル誌に掲載された研究報告によると、「週10分以下の運動」(運動不足)は「週150分以上の運動」(活発運動)に比べ、入院率は2倍以上、ICU使用率は1・73倍、死亡率は2・49倍となっています。

さらに、運動不足の人は、糖尿病、高血圧、心臓血管疾患、がんなどの基礎疾患や肥満より、死亡リスクが高くなっています。

よく言われているのが、「1日20分の運動で平均寿命が5歳伸びる」ということ。これは真実です。運動は健康にものすごく役立ちます。

睡眠不足もコロナ感染リスクを上昇させます。

米、英など6カ国の医療従事者3000人を対象に行われた研究によると、睡眠時間が1時間増えるごとに、感染確率は12%低下しています。

コロナワクチンはmRNAという新しいワクチンなのでなんとも言えませんが。一般的にワクチンは睡眠不足により効果が薄れます。インフルエンザのワクチンの研究では、「4時間睡眠群」と「8時間睡眠群」を比較したところ、「8時間睡眠群」では十分な抗体ができたものの「4時間睡眠群」では「8時間睡眠群」の半分しか形成されませんでした。

このことから、私はコロナのワクチン接種者には、十分な睡眠をとることを勧めています。

「運動不足」「睡眠不足」に続いて心配なのが、「病床不足」です。もう、忘れてしまったかもしれませんが、感染ピーク時に日本は医療崩壊に追い込まれました。

かつて、「日本の医療は世界一」(国民皆保険)「病床大国」(人口1000人当たりの病床数が13・1でOECD加盟国平均4・7の2・8倍)とまで言われてきたのに、日本の医療システムはコロナに対しては脆弱でした。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ