琉球新報・警察担当記者が飲酒運転 宜野湾署が摘発

産経ニュース

琉球新報社は29日、編集局暮らし・報道グループ所属の男性記者(32)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで沖縄県警宜野湾署に摘発されたと発表した。

同社によると、記者は警察取材を担当。28日から那覇市で飲酒し、同県宜野湾市の自宅近くの公園までタクシーに乗車。公園に駐車していた自分の車を自宅まで約100メートル運転した。自宅前で警察官に飲酒の有無を問われて認め、呼気から基準値の5倍を上回るアルコールが検出された。29日午前2時半ごろ交通切符(赤切符)の交付を受けた。

松元剛取締役編集局長は「読者の皆さまの信頼を著しく損なうこととなり、深くおわび申し上げる。全社員に法令順守の指導を徹底する」とのコメントを出した。