ジャズ批評の第一人者、瀬川昌久さん死去 幅広い音楽評論

産経ニュース
瀬川昌久さん
瀬川昌久さん

日本のジャズ批評の第一人者として知られる音楽評論家の瀬川昌久(せがわ・まさひさ)さんが29日、肺炎のため死去した。97歳。東京都出身。葬儀・告別式の日程は未定。喪主は妻、摩里子(まりこ)さん。

1950年代に、富士銀行(現みずほ銀行)駐在員として米ニューヨークに滞在。ジャズの黄金期に活躍したチャーリー・パーカーやデューク・エリントンらの演奏に触れ、そのリポートを音楽雑誌に執筆した。

ジャズのほかにも、日本の流行歌やミュージカルなど幅広いジャンルの音楽評論を行った。銀行を定年退職した後は月刊「ミュージカル」編集長を務め、90代になっても執筆を続けた。

日本ポピュラー音楽協会名誉会長。平成27年に文化庁長官表彰を受けた。著書に「ジャズで踊って 舶来音楽芸能史」など。映画監督の故瀬川昌治さんは弟。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表