紅白リハに乃木坂、生田のピアノ演奏で「きっかけ」

サンスポ
第72回NHK紅白歌合戦リハーサルに登場した乃木坂46の(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月=29日、東京国際フォーラム(代表撮影)
第72回NHK紅白歌合戦リハーサルに登場した乃木坂46の(左から)遠藤さくら、齋藤飛鳥、生田絵梨花、秋元真夏、山下美月=29日、東京国際フォーラム(代表撮影)
その他の写真を見る (1/4枚)

大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30)の2日目リハーサルが29日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われた。

乃木坂は、7回目の出場で「きっかけ」を歌唱。生田絵梨花(24)のピアノ演奏に合わせ、1期生から順番に歌う演出にキャプテンの秋元真夏(28)は「期ごとの絆を見せて最後にみんなでまとまってこれが乃木坂だ、というのを見せられたら」と胸を張った。

また、紅白を最後にグループを卒業する生田は、「演奏していると、いつも歌って踊ってパフォーマンスをしているのと違って、客観的に周りの景色を見られる。グループにいる最後を実感しながら、これから、ここから巣立っていくんだなというのも感じながら大切に歌えたら」と意気込んだ。

結成10周年の節目に秋元は「その気持ちを見ている方にしっかり届けて、ここから11年、12年と歩んでいくはじめの一歩になれば」と力を込めた。

メンバーの与田祐希(21)は体調不良で欠席した。