阪神が仕事納め 藤原オーナー「大きな進歩、進化を成し遂げた」

サンスポ
社員を前に挨拶をする藤原崇起オーナー=甲子園球場室内(撮影・宮沢宗士郎)
社員を前に挨拶をする藤原崇起オーナー=甲子園球場室内(撮影・宮沢宗士郎)

阪神が28日、兵庫・西宮市内の球団施設で仕事納めを迎えた。藤原崇起オーナー(電鉄本社会長)が球団職員らに、「今年は最後までペナントレースを非常に争ったわけでございますけど、残念でござましたが、昨年に比べて大きな進歩を、進化を成し遂げたというのは皆さんはじめ、チームのみんなとここにおられる皆さんと一緒になって努力した、そういう成果だと思います」とあいさつした。

今季は新人の佐藤輝や中野、伊藤将らが勝利に貢献したが、77勝56敗10分けでヤクルトとはゲーム差なしの2位に終わった。「今後は百北さん(現常務取締役)が社長としてこのメンバーに加わります。非常に明るく実行力のある方でございますから、皆さんと手を携えて必ずや来年末、チャンピオンフラッグをこの甲子園に持ってきてもらうと、このように考えておりますので、ぜひまたみなさんの新しい年の努力をお願いしたいと思います」。悔しさを晴らすため、球団一丸で2022年シーズンに臨む。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」