阪神・岩貞、熊本地震復興支援で60万円分を寄付 〝岩貞フェンス〟できた!

サンスポ
熊本県益城町への「野球用品寄贈式」に出席し目録を手渡す阪神・岩貞=熊本県益城町役場仮設庁舎(球団提供)
熊本県益城町への「野球用品寄贈式」に出席し目録を手渡す阪神・岩貞=熊本県益城町役場仮設庁舎(球団提供)

阪神・岩貞祐太投手(30)が27日、故郷の熊本・益城町役場を訪問。少年野球チームや小、中学校などに60万円相当の野球用品を寄贈した。

「ランニングホームランではなくて、打ち入れるというところをやってもらいたい」と益城町民グラウンドには外野フェンスを設置。2016年の熊本地震以降、復興支援を続け、1ホールドにつき5万円分を送った。

今季は自己最多の46試合に登板も防御率4・66。「(来季)中継ぎであれば(50試合を)絶対に超えるという熱い思いでやっていきたい」と力を込めた。