富士山女子駅伝30日号砲 関西勢も上位うかがう

産経ニュース

富士の麓で大学女子駅伝日本一を争う「富士山女子駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)」(産経新聞社など後援)は30日午前10時にスタートする。静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前から同県富士市の富士総合運動公園陸上競技場までの7区間43・4キロで、選抜チームを含めた24チームが参加して争われる。開催地が富士山麓に移ってから今年で9回目。10月の全日本大学女子駅伝(仙台市)で5連覇を達成した名城大の強さが際立つ中、関西からも大阪学院大や大阪芸術大が新たな気持ちで上位進出を狙っている。(丸山和郎)

大阪学院大、新たな可能性信じて

関西の女子駅伝の強豪校として多くの選手を輩出してきた大阪学院大。10月の全日本は6位にとどまったが、チームとして手応えもあった。途中で大きく順位を落とすことなく、つねに前が見える位置でたすきをつなぐことができたからだ。弘潤一監督は「2位も3位も可能性があった。順位は昨年と同じ6位だったけど、中身はあった」と話し、富士山女子駅伝でのさらなる上位進出に期待を寄せている。

全日本ではとくに最長区間の5区を任された1年の永長里緒が区間4位と堂々たる走りをみせたことが、上級生にとっても大きな刺激になった。弘監督は「上級生も1年生だった頃を思い出すきっかけになったと思う。初心忘るべからず、と話している」と強調。ルーキーの活躍がチーム力の底上げにつながった。

新チームの主将に就任した3年の野崎光は、春から夏にかけて疲労骨折していた影響で、全日本はメンバーに入れなかったが、練習も再開し、富士山には間に合う予定。「今年を締めくくる大会。納得のいく走りがしたい」と意気込んだ。

大阪学院大には2000年シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんという偉大な先輩がいる。野崎も入学式のときに、高橋さんから「大学4年間で誰だって変わることができる」といわれたのが心に残っているという。野崎は、東京五輪の女子1万メートルで7位入賞を果たした広中璃梨佳(日本郵政グループ)と同学年。宮崎県出身の野崎は長崎県出身の広中と合宿などで一緒に練習することもあった。新型コロナウイルス禍による大会の減少や故障の連続でモチベーションが上がらない時期もあったが、富士山を再出発の場ととらえている。

大学女子駅伝では近年、名城大、大東大、立命大が上位の常連校。ただ、今年の全日本では拓大が1年生の不破聖衣来の活躍で3位に食い込む健闘をみせた。指揮官は「自分たちもできるんじゃないかと選手たちは思ったんじゃないか。そういう気持ちが一つになればいい」と話す。

毎年、チームを激励している高橋さんからは「優勝争いをする母校の姿をテレビで解説したい」と期待を寄せられている。富士山では3位以内が目標。自分たちの新たな可能性を信じて、レースに挑む。

大阪芸術大、感謝と恩返しの場に

大阪芸術大にとって富士山女子駅伝は2年ぶりの出場になる。昨年はチーム内に新型コロナウイルス感染者が出たため出場辞退を余儀なくされた。今年の全日本は11位に入り、上位12校に与えられる富士山の出場権を獲得した(その他の10校は5000メートルの上位7人の記録順で決定)。これまでの全日本でのチーム最高タイムもマークし、中瀬洋一監督は「今のチームの力ではよくやったと思う」。富士山女子駅伝での8位入賞をチームの新たな目標に掲げた。

昨年の富士山は出場できなかったが、チームにとって忘れられない出来事があった。優勝した名城大のメンバーがユニホームに大阪芸大の校章をつけて走ってくれたことだ。中瀬監督が名城大の米田勝朗監督と同学年で、毎年のように合同合宿を実施する間柄だったため、思わぬ形で涙をのんだ大阪芸大のメンバーの思いも背負って、走ってくれた。主将で3年の古賀華実は「まずは2年ぶりに出られることに感謝して、名城大にも恩返しをするレースにしたい」と決意を新たにしている。

今年の長野県での夏合宿でも、大学女子駅伝の女王に君臨する名城大の選手たちの全国トップの意識を目の当たりにした。「与えられたメニュー以外にも練習をしていたし、食生活の部分から意識が高くて、すごく刺激になった」と古賀主将。昨年からチーム力がなかなか上がらなかった中、夏以降は自主練習をする選手も増え、全日本、富士山の2つの駅伝へ向けて気持ちを高めていくきっかけになった。

古賀主将も全日本では最長区間の5区で納得のいく走りができなかったため、「次はエースらしい走りができるようにしたい」と誓う。富士山では山登りの最終7区を任される予定で、チームの結果を大きく左右する区間になる。やはり、全日本、富士山とレースを2本走れることは、選手たちにとって何より大きなモチベーションになる。

山麓を走る富士山女子駅伝は起伏が激しいのがコースの最大の特徴。中瀬監督は「上り下りの専門性もあるので、単純にタイムの足し算ではない駅伝になる」と強調する。今年のチームは下級生が多く、チームの雰囲気も明るい。8位入賞を目指し、チームが一丸となって2年ぶりのタスキをつないでいく。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  2. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  3. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病