「真犯人フラグ」キャスト座談会 新事実発覚で「どんどん人死んでくのやだなこえぇぇ」「もう日野と河村は犯人じゃないの?」などと反響

iza

一方で、「楽しみに見ている身としては進展なかったのめちゃくちゃ悲しかったし残念だった」「あな番観てない場合は観なくて良い内容かな?」といった厳しい声も見受けられた。

特別編放送終了直後には、同局ドラマの公式YouTubeチャンネルにヒント動画が公開され、こちらもに注目が集まったが、「どれがヒントなんだ~」「スローで見てもさっぱり分からない」「ひとつひとつスクショして確認するか?w」「QRコードは番宣でした」など、ヒントらしきものが見当たらず途方に暮れる反応が目立った。

そんななか、同じく特別編放送終了直後から民放共同運営の見逃し配信サービス「TVer」で公開された、メインキャスト5人による座談会では明確な“収穫”が。番組には西島、凌介の部下・二宮瑞穂役の芳根京子、凌介の娘・光莉(原菜乃華)の交際相手である橘一星役の佐野勇斗、凌介の大学時代からの友人で日野渉役の迫田孝也と、同じく凌介の大学時代からの友人で人気週刊誌の編集長・河村俊夫役を演じる田中哲司が出演し、自身の考察などを披露しあうなかで、芳根と佐野はすでに犯人を知っていること、「真相編」では、登場人物が「けっこう」死ぬことが明かされた。

この展開に「って事はもう日野と河村は犯人じゃないのかな?」「真相編では人がたくさん死ぬってことがいまからショックすぎて あな番よりこっちはまだ人あまり死んでないからましやなと思ってたのに(涙)」「どんどん人死んでくのやだなこえぇぇ」「後半結構ハードそうだね…」と、驚く書き込みが相次いだ。なかには、「いや…(特別編より)こちらの方を放送して…頂きたかった」「このキャストで限定配信ではあまりに勿体ないので、地上波でも放送してください」との要望も寄せられていた。

  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  5. 宇宙飛行訓練中の前澤さん、野口聡一さんに弱音?「半分旅行気分だった甘さ反省」 ネット民はエール「夢が徐々に現実に」「応援してる」