虎のプリンス伝説 SHINJYOメモリアル

(19) トレーナー陣への不信感が招いた〝激やせ〟

zakzak
右肘の痛みは日常生活に支障の出るレベルだった=1996年2月
右肘の痛みは日常生活に支障の出るレベルだった=1996年2月

日本ハムの〝BIGBOSS〟こと、新庄剛志新監督(49)がスターへの階段を駆け上がった阪神の若手時代。当時の番記者が「虎のプリンス」の事件簿を紐解きます。

前年オフの引退騒動でミソを付けた新庄だが、年が変わって1996年も〝お騒がせ男〟ぶりは健在。大事な商売道具の右肘に痛みなどの異変が生じたのに、トレーナー陣に一切報告せず反感を買ってしまったのだ。

そもそも前年は右肘痛の影響で87試合しか出場できず、打率・225、7本塁打、37打点と大不振。心機一転で再起を図るはずが、1月に大阪市内のスポーツジムで、自身初の単独自主トレを公開した新庄は〝激やせ〟していた。ほおはやせこけ、筋肉も落ちた様子。すべては右肘の不安が招いたものだという。

新庄は「以前は休んでいたら治ったが、今は鍛えたり、マッサージをちゃんとやらないとダメになっている。ドアを開けるときでも痛い」と状態の深刻さを明かし、新しいシーズンで目標とする数字を問われても一切応じず。「ケガをしないようシーズンを乗り越えること。去年でケガが本当に怖いと思ったから」と語るのみだった。

この衝撃告白に憤慨したのが、新庄の肉体を預かるトレーナー陣。「なぜ痛いなら痛いと報告しないのか。われわれも故障した箇所は気にしているのに、オフの期間中、何も言ってこないから右肘が今どうなっているかがわからない」とブーイングが起こったのだ。日常生活でも支障をきたすほどの痛みとあっては、心配するのも当然。しかも、新庄が自ら作った調整メニューで患部をケアをしているようでは、なおさら放っておけない。

これほどまでに意思疎通を欠いた背景には、新庄のトレーナー陣への根深い不信感があった。前年のシーズン終了後、新庄は冷戦状態にあった藤田監督代行に、秋の教育リーグへの参加を命じられた。新庄は右肘痛を理由に「監督に僕の参加を止めることはできないですか」とトレーナー陣に相談していたのだが、指揮官を説得するには至らず…。教育リーグではDH、一塁まで守って全試合に出場したが、さすがの新庄も「靱帯が切れたらどうするの!」と激怒したのだった。

この一件を境にトレーナー陣との溝が広がり、新庄は右肘の状態を一切報告することもなく、1人で自主トレを行うこととなったわけだ。大人げない態度にも映るが、角度を変えれば〝自分の体は自分で守る〟という本当の意味でのプロ意識が芽生えたといえるかもしれない。新庄がその後の野球人生で大きな故障に見舞われなかったのは、誰が何を言おうと気にしない、こうした〝わがまま〟を貫いたからだ。 (岩崎正範) =明日に続く


  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?