付箋で指示も具体性なし パワハラで係長停職 君津

産経ニュース

千葉県君津市は24日、保健福祉部の男性係長(43)が直属の部下にパワーハラスメントを行ったとして同日付で停職1カ月の処分にしたと発表した。部下は精神疾患で約8カ月間、病気休暇をしたという。

市によると、昨年7月から今年4月にかけ、部下が作成した決済文書について、「ことごとく間違っています」などとの付箋を文書に貼って、何度も書き直しを命じる一方、具体的な指示をしなかった。また、「人前に出せる文書ではない」「笑いごとじゃないんだよ」などと人格を傷つける発言をしたとしている。部下は4月、人事課にメールでパワハラを訴えた。

保健福祉部は新型コロナウイルス感染症対策を担当しているが、2人は直接のコロナ対策の担当ではなかったという。