トラとら虎

藤浪、菅野に弟子入りで今度こそ復活できる? マエケン、ダルに続いて三度目の正直なるか

zakzak
藤浪(左)と菅野は意外な組み合わせだ=2014年、オールスター第1戦
藤浪(左)と菅野は意外な組み合わせだ=2014年、オールスター第1戦

阪神の藤浪晋太郎投手(27)は1月初旬にも、巨人・菅野智之投手(32)が沖縄で予定している自主トレに合流して指導を受ける。長年低迷が続くことから懇願したもので、ライバル球団のエースは快く応じ、1週間ほど一緒に汗を流すことになった。

藤浪にすれば「溺れる者は藁(わら)をもつかむ」の思いではないか。9年目の今季、初の開幕投手に抜擢されながら、またも裏切る結果になった。早々と先発ローテから外れ、途中で2軍落ちも。結局、3勝3敗に終わり、契約更改交渉では6年連続の減俸。ピーク時の推定年俸1億7000万円から3分の1以下まで落ち込んだ。

何が長期低迷の原因なのか。誰もが指摘するのは制球難。それこそ毎年投球フォームに迷い、四死球をきっかけに崩れるパターンが続く。そんな藤浪と対極に位置するのが菅野である。抜群の制球力と多彩な変化球を武器に、球界屈指の右腕として君臨する。「どうすればあれほど自由自在にボールをあやつれるのか」と思うのは当然で、その高まりが弟子入り志願となった。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図