ソフトバンク和田 日本ハムとの開幕カード登板意欲〝ビッグボス斬り〟で開幕ダッシュ決める

サンスポ
ソフトバンク和田
ソフトバンク和田

〝ビッグボス斬り〟に名乗り! ソフトバンク・和田毅投手(40)が26日、福岡市内で行われたトークイベントに参加。日本ハムと対戦する開幕カード(来年3月25日-27日、ペイペイドーム)での登板に意欲を示した。相手の新庄剛志監督(49)は現役時代に最も対戦し、打率1割台に抑えたが、3発を献上。怖さを知るからこそ、自らマウンドに立ち、開幕ダッシュする。

現役時代のビッグボスを誰よりも知っている。ソフトバンク・和田は新庄監督との直接対決に意欲を見せた。日本ハムとの開幕カードでの登板に名乗りをあげた。

「まだわからないですけど、お客さんの制限もある程度は解除されると信じています。たくさんのホークスファンの前で野球ができれば。本拠地開幕というのは、すごくアドバンテージなので」

■打者・新庄には打率1割台に抑えるも3発献上 打者・新庄と現役選手で最も対戦し、37打席で36打数5安打。打率・139に抑えたが、3本塁打を許し「フルスイングしてきたのはすごく覚えています」と振り返った。来年3月25日の開幕投手については「僕がやっているようじゃホークスの未来は暗いですよ」と笑い飛ばしたが、開幕ダッシュを決めたい日本ハムに立ちふさがる。

18試合に登板し5勝6敗、防御率4・48だった今季も開幕3戦目のロッテ戦(ペイペイドーム)で先発した。6回⅔を投げ3失点(自責2)で勝ち負けこそつかなかったが、同一カード3連勝に貢献した。トークイベントで「新庄ビッグボスの印象は?」と質問が飛ぶと「チームカラーもガラッと変わると思います。西川選手も楽天にいってしまって、誰がトップバッターになるのか」と表情を引き締めた。

チームは今季、8年ぶりのBクラスとなる4位。ヤクルト-オリックスの日本シリーズをテレビで観戦したが「あまり真剣に見ていないです。悔しさもあったので」と奮い立たせた。常に勝者であり続けることが、ホークスの使命だ。

「やっぱり(開幕ローテの)6枚の中には入りたいですね。そこを狙っていきたいです」

チーム内の競争、そして、日本ハムにも勝つ。話題も日本一も奪い取る。(竹村岳)


  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)の失恋に安堵の声「だまされるよりいい」「少し疑う気持ちも持って」

  2. 通信障害で「KDDI」「au」のほか「docomo」もトレンド入り

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」第13週、和彦(宮沢氷魚)を「諦める」暢子(黒島結菜)…歌子(上白石萌歌)の恋も動く?

  4. 「払った料金返せ」「経営陣が説明しろ」どんなときもWiFiに批判殺到 容量無制限プラン突如終了で

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害