犯罪最前線

報酬5%、女性は裸写真も…特殊詐欺実行犯の実態

産経ニュース

手口が多様化し、被害が急増している特殊詐欺。犯行グループは主犯格にまで捜査の手が及ばないよう、役割分担を複雑化し、「高収入」をうたって会員制交流サイト(SNS)で「かけ子」や「出し子」などの実行犯を集めているが、厳しい監視の中での作業や、高リスクのわりに報酬が見合わないなど、過酷な実態が浮かび上がる。

身分証を押さえられ

警察官をかたってキャッシュカードをだまし取ったなどとして、警視庁は12月までに被害者宅に電話をかける「かけ子」やその面接役の男らを11人を詐欺容疑で逮捕した。

警視庁捜査2課によると、逮捕されたかけ子らは「高収入」などをうたったSNSへの書き込みを通じて集まったという。

捜査関係者によると、かけ子の容疑者らが募集側にSNS経由で連絡を取ると、別のSNSをインストールするよう求められ、名前や住所、いつから働けるかなどを問われたという。顔写真や身分証も送るよう求められ、まるで就職活動の際の〝エントリーシート〟のようなものを提出させられた。

そうして「書類選考」を通過すると、カラオケ店などに呼び出され、「面接官」による圧迫面接が行われるという。

「ほかの詐欺グループに所属していないか?」「家族の連絡先は?」などと詰問され、面接は数時間に及ぶこともあったという。

詐欺で得た金を持ち逃げしたり、警察に出頭したりすることを防止するためとみられ、採用側は応募者の身内に連絡することをほのめかしたり、女性に対しては裸の写真を撮ったりしていたという。

高い逮捕リスク

厳しい〝選考〟を経て、▽被害者宅に電話をかける「かけ子」▽現金やキャッシュカードなどを受け取る「受け子」▽ATM(現金自動預払機)で現金を引き出す「出し子」が選ばれる。

「高収入」の触れ込みで集まったが実際にはどうなのか。捜査関係者によると、この犯行グループでは、詐取金の取り分は役割ごとに決まっており、受け子と出し子は詐取金の5%、かけ子は3%。

人目につかない場所から電話をするだけのかけ子よりも、現場に赴く分、摘発のリスクも高まる受け子と出し子が多くの報酬を受け取れるシステムだ。とはいえ、100万円を詐取したとしても出し子と受け子はそれぞれ5万円、かけ子はわずか3万円だ。

詐欺容疑で逮捕・起訴されてしまえば、10年以下の懲役刑を科せられ、初犯でも実刑判決を受ける可能性がある。受け子は現金を受け取る際に顔を覚えられてしまう可能性があり、出し子は防犯カメラに映る可能性が高い。犯行への関与を最も立証されやすい。

警視庁犯罪抑止対策本部によると、令和3年上半期(1~6月)時点で特殊詐欺で逮捕された被疑者は計390人。そのうち出し子と受け子は計298人で、全体の7割超に対し、かけ子はわずか6人だった。

摘発逃れの手口も巧妙だ。通常、拠点を設けて数人が集まって被害者宅に電話をかけるかけ子ら。今回の事件では自宅から詐欺電話をかける〝テレワーク〟をしていたという。ただ、コロナ対策ではなく、摘発を避けるため拠点を設けなかったとみられる。

報酬にも格差

ハイリスクな実行犯に対し、特殊詐欺でだまし取った金の8割超は、表には出てくることのない主犯格や実行犯を募集する「リクルーター」などへ配分されている。

今年上半期の特殊詐欺の役割別の摘発は▽首魁(主犯格)9人▽指示役5人▽見張り役11人▽リクルーター33人。被害者らと関わることのない主犯格らの摘発は全体の1割超に留まり、リスクは圧倒的に低い。

警視庁犯罪抑止対策本部などは、SNSを巡回して今回の事件のように詐欺などの犯罪への加担をあおるような書き込みがないか目を光らせている。

発見すれば、「詐欺などの実行犯を募集する不適切な書き込みのおそれがある」と指摘。「犯罪グループが約束を守るわけがない」「逮捕のリスク大」などと募集に応じないよう注意喚起している。

警視庁幹部も「受け子や出し子は詐欺グループからすればしょせん使い捨てに過ぎない。捕まるリスクと数万円の報酬が釣り合うわけがない」と詐欺に加担しないよう呼び掛けている。(宮野佳幸)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図