「真犯人フラグ」特別編あらすじ 「あな番」キャストが集結して推理談義 真帆と林が出会った夜の新事実も判明? 果たして真相は…

iza
俳優の袴田吉彦(撮影・古田貴士)が、「真犯人フラグ」特別編に「あな番」で演じた久住譲役で出演する。久住は主人公・相良凌介(西島秀俊)の妻・真帆(宮沢りえ)の不倫疑惑について何か知っている?
俳優の袴田吉彦(撮影・古田貴士)が、「真犯人フラグ」特別編に「あな番」で演じた久住譲役で出演する。久住は主人公・相良凌介(西島秀俊)の妻・真帆(宮沢りえ)の不倫疑惑について何か知っている?

俳優の西島秀俊が主演を務める日本テレビ系のドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜 夜10・30)。これまでの流れを振り返りながら、26日に放送される特別編(いつもの放送時間から30分繰り下げて夜11時スタート)のあらすじを紹介する。

SNSで考察ブームを巻き起こした2019年の同局系ドラマ「あなたの番です」(通称:あな番)のスタッフが手がける同作は、西島演じるごく普通の真面目なサラリーマン・相良凌介が、家族の失踪により日本中から疑惑の目を向けられつつ、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいくミステリーだ。ドラマは2クール放送され、前週放送の第10話は、前半戦である第1部の最終回だった。26日に放送される特別編では、「あな番」の舞台となったマンションの住人たちが忘年会に集まり、相良家の失踪事件について推理談義に花を咲かせる様子が描かれる。「真犯人フラグ」のキャストとのやりとりもあり、2つのドラマの世界線が交錯するのも見どころだ。

凌介の元に、氷漬けにされた状態で送られてきた息子の篤斗(小林優仁)。すぐさま病院へ運び込まれ、救命措置を施された。やがて昏睡状態から意識を取り戻し、徐々に体調が回復。当初は何にも反応しなかったが、凌介の呼びかけに、涙をぽろぽろこぼした。

ようやく気持ちが落ち着き始めたかに見えたころ、失踪事件の捜査を担当している刑事の阿久津浩二(渋川清彦)と落合和哉(吉田健悟)が篤斗を事情聴取した。凌介の妻・真帆(宮沢りえ)と娘・光莉(原菜乃華)の安否を聞かれ、目に涙を浮かべて首を振る篤斗。阿久津は篤斗に、犯人の顔を覚えているかと相良家の4人と相良家の新居を建築する住宅メーカー・住愛ホームの担当者の林洋一(深水元基)が一緒に写った写真を見せた。篤斗は怯えながら凌介を指さし、初めて口を開いた。「パパが…ママを…殺した」。悲劇の主人公だったはずの凌介が、よりによって息子から犯人と名指しされるという驚きの展開で、第1部は幕を閉じた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月27日第61話あらすじ ジョーと結婚したるい、京都で回転焼き屋をオープン

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. Eカップ小島みゆ、変形ビキニで浜辺を歩く 「妹役という設定で演技に初めて挑戦しました」

  5. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び