松田恵里と宮尾綾香がIBF世界女子アトム級王座決定戦で対戦 来年2月25日に後楽園ホール/BOX

サンスポ
オンライン会見に出席した松田恵里(左)と宮尾綾香
オンライン会見に出席した松田恵里(左)と宮尾綾香

プロボクシングIBF世界女子アトム級王座決定戦が来年2月25日に東京・後楽園ホールで開催されると24日、主催者から発表された。同級1位の松田恵里(27)=チーム10カウント=と、同級2位の宮尾綾香(38)=ワタナベ=が対戦する。

オンライン会見が行われ、松田は「クリスマスイブに世界戦決定というすてきなプレゼントをいただいたので、あとは結果を残すだけ」とクリスマスや正月を返上して練習する決意を示した。

アマ戦績33戦21勝(9KO・RSC)12敗の実績を持ち、男女を通じて日本最速のプロ2戦目で東洋太平洋王座を獲得。3月に同級王者だった花形冴美(花形)にプロ5戦目で挑戦したが、1-0の引き分けでタイトル奪取を逃した。花形がこの試合を最後に現役を引退したため、空位となった王座を再び狙う。

対する元WBA同級王者の宮尾は「パワフルさを出していきたい。アトム級で一番強い女になりたい」と力を込めた。昨年12月にWBO世界女子ミニマム級王座決定戦で多田悦子(真正)に9回TKOで敗れ、9月に再起戦で判定勝ちして以来の試合となる。

プロ戦績は松田が5戦4勝(1KO)1分け、宮尾が日本ボクシングコミッション公認後26戦20勝(6KO)5敗1分け。

同じ興行のセミファイナルでWBO世界女子アトム級タイトルマッチが開催されることも発表された。王者の岩川美花(38)=姫路木下=と挑戦者の鈴木菜々江(29)=シュウ=のダイレクトリマッチで、10月に行われる予定だったが、岩川の負傷のため延期となっていた。

プロ戦績は岩川が16戦10勝(3KO)5敗1分け、鈴木が15戦10勝(1KO)4敗1分け。

  1. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月12日OA第90話あらすじ 暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴、賢秀(竜星涼)の出席が危うくなり…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 「蓮舫氏は公人を辞めるべきだ」 二重国籍解消公表した自民・小野田紀美氏に直撃