江口のりこ&赤楚衛二「SUPER RICH」クランクアップ 4カ月の撮影を完走

iza
(左から)江口のりこ、赤楚衛二(C)フジテレビ
(左から)江口のりこ、赤楚衛二(C)フジテレビ

女優の江口のりこと俳優の赤楚衛二がこのほど、23日の放送で最終回を迎えるフジテレビ系木曜劇場「SUPER RICH」のクランクアップを迎えた。

同作は、江口演じる、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める破天荒なベンチャー女社長・氷河衛の波瀾万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。これまで、ビジネスパートナーに裏切られながらも再起を図り、仲間とともに会社を成長させていく様子が描かれてきた。

このほど、約4カ月間に及ぶ撮影期間を経て、すべてのシーンが撮了となった。江口と赤楚がともに迎えた最後のシーンは、2人が慌ててタクシーに乗り込むシーン。緊迫感のあるシーンだが、撮影の合間には2人が談笑する場面も見られ、終始和やかな撮影となった。

最後のカットでOKが出ると、スタッフから「春野優役、赤楚衛二さんオールアップです!」と、まずは赤楚に盛大な拍手が。赤楚は「8月にクランクインしてから約4カ月間、長い間お疲れさまでした!夏、秋、冬と、季節をまたいでたくさんのことを学びました。何よりも一番良かったのは、共演者の皆さんもスタッフの皆さんも本当にすてきな方ばかりで、毎日現場に行くのが楽しかったことです」と撮影を振り返り、「僕にとっての“スーパーリッチ”は皆さんと出会えたことです。本当にありがとうございました!」と締めくくった。

続いてスタッフから「氷河衛役、江口のりこさんオールアップです!」と声が上がると、盛大な拍手と花束が江口に贈られた。主演として作品を引っ張ってきた江口は「楽しかったです。(撮影期間中は)嫌なこともいろいろあるのかな?と思っていたんですけれど、楽しいことしかなかったです。本当に皆さんのおかげです。ありがとうございました!」とコメントし、スタッフをねぎらった。

最終話では、数々の裏切りを一丸となって乗り越えた衛の会社「スリースターブックス」に、島谷聡美(松嶋菜々子)率いる「MEDIA」がTOB(敵対的買収)を宣言。さらに、これまで衛の右腕として会社を支え続けてきた宮村空(町田啓太)までもが意味深な言葉を残し…。驚きの展開を迎える。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表