円安、家計に悪影響も 日銀総裁 物価上昇で

産経ニュース
経団連の審議員会で講演する日銀の黒田総裁=23日午後、東京・大手町の経団連会館(代表撮影)
経団連の審議員会で講演する日銀の黒田総裁=23日午後、東京・大手町の経団連会館(代表撮影)

日銀の黒田東彦総裁は23日、東京都内で講演し、円安が日本経済に与える影響について「物価上昇を通じて家計所得に及ぼすマイナス影響が強まっている可能性がある」との認識を示した。国内で販売される家電製品などで輸入品の割合が高まっており、円安が物価を押し上げる効果が強まっていると説明した。

黒田氏は講演で、円安が「経済と物価をともに押し上げる構図に変化はない」との見解を表明。円安で輸入物価が上がったものの、消費者物価の上昇率は日銀が目標とする2%を下回っていることなどから「円安は基本的にプラスの効果の方が大きい」と述べた。

日本企業がリーマン・ショック以降の急激な円高を受け、海外生産の比率を高めたと指摘。「円安が海外事業の円建ての収益を押し上げる効果は以前よりも大きくなっている」とした。

2022年の国内景気は、新型コロナウイルス感染症や部品調達難による悪影響が和らげば「景気回復が本格化していく」との見通しを示した。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」