“宏池会外交”は大丈夫か 岸田首相が提唱「新時代リアリズム外交」 「中国重視」の元首相らが先例 識者懸念「現在の中国と共存方針であれば問題」

zakzak
岸田首相の外交姿勢で大丈夫なのか
岸田首相の外交姿勢で大丈夫なのか

岸田文雄首相は22日、東京都内で講演し、新たな外交方針として「新時代リアリズム外交」を掲げた。自身が会長を務める「宏池会」の流れをくむ外交というが、名前を挙げた2人の元首相が「中国」と深い関係を持つ人物なのだ。同盟・友好国が、中国の人権弾圧に厳しい姿勢を見せるなか、いらぬ誤解を生まないのか。識者に聞いた。

「宏池会は昔からリアリズムの外交を掲げてきた」「これを受け継ぎながら主体的な外交を進めていきたい」

岸田首相は講演でこう語り、新外交の柱として「普遍的な価値」「地球規模課題」「国民の命や暮らしを守る」という3つを据えた。

普遍的価値としては「自由で開かれたインド太平洋」の実現や人権問題を例示。地球規模課題では気候変動問題を挙げた。国民を守る点では、国家安全保障戦略の改定などに取り組むとした。