1億2000万円増で更改の吉田正尚「宇宙に行くにはお金をためないと」

サンスポ
契約更改を行ったオリックス・吉田正尚=大阪市・青濤館(撮影・林俊志
契約更改を行ったオリックス・吉田正尚=大阪市・青濤館(撮影・林俊志

オリックス・吉田正尚外野手(28)が22日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉に臨み、1億2000万円増の年俸4億円プラス出来高でサインした。4億円到達は2015年の金子千尋、1998年のイチローに続き球団史上3人目。来季から背番号を「34」から「7」に変更することも発表された。心機一転、さらなる飛躍を誓った。

イチロー、金子千尋に続く球団史上3人目 グレーのスーツに、左腕には高級そうな腕時計がキラリ。2年連続首位打者とバットでチームをけん引した吉田正は1億2000万円増で、球団史上3人目となる年俸4億円に到達した。

「もろもろ出来高も含め、1億ちょっと上げていただきました」

大幅昇給の使い道を聞かれると「まだ宇宙に行くには、お金をためないといけない」とニヤリ。宇宙旅行に100億円を投じたとも言われる前澤友作氏に引っかけたジョークを飛ばしつつ「ウソです」と否定。「人生、何が起きるか分かりませんので」と堅実に貯蓄する考えを明かした。

選手会長に就任した今季は110試合に出場し、打率・339、21本塁打、72打点。左足負傷や右手首骨折の影響で目標に掲げた全試合出場は逃したが、2年連続首位打者と最高出塁率(・429)に輝き、25年ぶりのリーグVに貢献した。

その働きを高く評価され、球団では1998年のイチロー(4億3000万円)、2015年の金子(6億円)以来となる4億円に。球団に掛け合って、来季からの背番号変更も認められた。

◆愛着ある「34」から心機一転、背番号「7」に 米大リーグのハーパー(現フィリーズ)らにあやかり新人時代から付けてきた「34」も「愛着がある」というが「心機一転」決断。「7」は糸井が阪神に移籍して以降、2017年から空いており、かつては球団OBで〝世界の盗塁王〟福本豊も背負った番号だ。

糸井に連絡し「(オリックスに)戻ろうとしているのか分からないですけど『僕が先につけます』」と変更を報告。さらに「長女は7月7日が誕生日でしたし、自分も生まれた月が7月(15日)。3+4で7とか、いろいろ考えながら」と説明した。

「球団としても大事な番号をこれから付けることになる。今年はけがもありましたし、自分自身、もう一度、見つめなおして、パ・リーグ連覇に向けて貢献できたら」

主砲が新たな背番号「7」の歴史を刻んでいく。(西垣戸理大)


  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月20日第56話あらすじ 東京の笹川邸で生活することになったジョー、会えないるいに悪い噂が…

  2. 「カムカムエヴリバディ」 ジョーがホットドッグ好きな理由が判明 「二人を定一さんが結びつけた」「今日のランチは…」

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. 「カムカムエヴリバディ」 「黍之丞=吉備のジョー」との解釈に「あっ…」「そっか!」「なるほど!」と膝打つ視聴者