ノーマスク、反ワクチン派…どのように対処するのか 「論破」は禁物、素直に質問 見ず知らずの関係なら注意はしない

zakzak
公の場でのマスク姿は定着したが…(写真と本文は関係ありません)
公の場でのマスク姿は定着したが…(写真と本文は関係ありません)

新型コロナウイルスの流行からまもなく2年。公の場でのマスク着用は定着し、国民の8割近くがワクチンを接種した。一方でマスクやワクチンに否定的な考えの人がいるのも事実だ。ノーマスクを注意した男性が暴行を受け、下半身不随になる事件も起きたが、分断をあおらずトラブルを避けるにはどうしたらいいのか。専門家のアドバイスを聞いた。

神戸市内のコインパーキングで2020年5月、「マスクを着けて」などと注意されたことに腹を立てた男が、注意した男性の首の骨を折るなどの大けがを負わせた事件で、男が7日、傷害容疑で逮捕された。被害者の男性は下半身不随の後遺症があるという。

また、東京地裁で10月に開かれた新型コロナワクチンの特例承認取り消しをめぐる訴訟の口頭弁論では、ワクチンの安全性やマスクの効果に否定的な考えを持つ傍聴希望者や支援者ら数百人がノーマスクで庁舎内に入る騒動もあった。

新変異株のオミクロン株が世界的に拡大するなか、オーストリアでは今月11日、首都ウィーンに約4万4000人が集まり、来年2月からのワクチン接種義務化に抗議するデモが行われた。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」