大手企業の冬賞与5%減 コロナ禍で、平均82万円

産経ニュース

経団連が22日発表した大手企業の冬の賞与・一時金(ボーナス)集計によると、平均妥結額は昨年冬に比べ5・16%減の82万955円だった。新型コロナウイルス禍に伴う業績低迷で2年続けて減った。全19業種のうち10業種が前年を上回ったが、鉄道や建設などの落ち込みが大きかった。

製造業は1・32%減の85万3475円、非製造業は18・01%減の71万2019円。非製造業は比較可能な平成9年以降で最低の金額で、減少率も最大だった。

業種別で減少率が最も大きかったのは「私鉄」の22・26%。乗客数が回復せず、妥結額は57万7620円となった。次いで東京五輪・パラリンピック関連の特需がなくなった「建設」が17・18%減の119万5955円だった。ただ、金額は全業種で最も高い。

上昇率が最も高かったのは百貨店などの「商業」で、23・15%の71万1375円だった。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表