武蔵野市「外国人条例案」否決に自民・長島氏「他自治体への警鐘になる」

zakzak
自民党の長島昭久氏
自民党の長島昭久氏

東京都武蔵野市の「外国人住民投票条例案」が、21日の市議会本会議で否決された。条例案には、市民の理解が広まっていないうえ、「外国人参政権の代替として利用されかねない」などと懸念が指摘されていた。今回の結果を受け、同市を地盤とする自民党の長島昭久元防衛副大臣が激白した。

「武蔵野市民、市議会の良識が示された。条例案がさまざまな問題点を抱えたまま、かなり閉鎖的な状況下でつくられたことへの、市民の不満や疑問点に市当局が応えきれなかったことが大きい。他の自治体への警鐘にもなった」

長島氏は語った。

注目の条例案は、外国人にも「市内に3カ月以上住む18歳以上」であれば、日本人と区別せずに住民投票の権利を与える内容だった。

長島氏は、安全保障やエネルギー問題など、国政に関わる案件が住民投票に付された場合、「他国の政治勢力が悪用し、その意思が市政に影響しかねない」として、街頭演説や反対署名などの先頭に立ってきた。

21日の採決は、全25人の市議(議長除く)のうち「賛成」11票、「反対」14票で決した。賛成が2人増えれば可決する、薄氷の否決だった。

条例案を提案した松下玲子市長は採決終了後、「住民投票条例は定めなければならない」と述べ、議会や市民の意見を踏まえて条例案を検討し、再度市議会に提案する方針を明らかにした。

長島氏は「住民投票制度での外国人参加のあり方を議論するのに、あと数年は必要だろう。松下市長側の出方を注視したい。武蔵野市と同様の動きが、他の自治体で出てくることもあり得る。国の権限に関わる問題について、外国人の住民投票は差し控える立法化も考えるべきではないか」と語っている。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表