松田聖子と神田正輝、沙也加さん抱いて悲痛会見 札幌で密葬、涙こらえ2人であいさつ

サンスポ
泣きはらしたような目で沙也加さんの遺骨を抱く正輝と位牌を手に涙を浮かべる聖子=札幌市清田区(撮影・三浦幸太郎)
泣きはらしたような目で沙也加さんの遺骨を抱く正輝と位牌を手に涙を浮かべる聖子=札幌市清田区(撮影・三浦幸太郎)

18日夜に札幌市内のホテルから転落死した女優、神田沙也加さん(享年35)の密葬が21日、同市内の斎場で執り行われ、母で歌手、松田聖子(59)と父で俳優、神田正輝(71)が会見した。急死から3日後、初めて公の場に姿を見せた聖子は憔悴しきった喪服姿で位牌を持ち、「申し訳ございませんでした」と声を震わせた。この日が誕生日の正輝は娘の遺骨を抱え、「お骨にすることができました」と報告。最愛の両親に見守られ、沙也加さんは天国に旅立った。

雪深い北の大地にたたずむ聖子と正輝の沈痛な表情が、まな娘への愛情の深さを物語っていた。

午後5時過ぎ、札幌市清田区の斎場で沙也加さんの火葬を終え、ロビーに現れた喪服姿の2人は目に涙をためて憔悴した様子。位牌を握りしめる聖子は脱力した面持ちで、正輝は火葬されたばかりのぬくもりが残る遺骨を抱きしめ、40人の報道陣に深々と一礼。2人はしばらく顔をあげられなかった。

神田沙也加さんの事件経過
神田沙也加さんの事件経過

公の場でのツーショットは、2002年1月に行われた正輝の母で女優、旭輝子さん(享年77)の葬儀以来19年11カ月ぶり。くしくも71歳の誕生日が娘との別れの日となった正輝は「本当に身内の近親者のみで、お別れ…、納骨というか、お骨にすることができました」と赤い目で報告し、「2人とも話すようなことではないので、しばらくの間、そっとしておいていただけたら」と悲痛な表情で語った。

沙也加さんの急死から3日後、初めて公の場に姿を見せた聖子も、「お寒い中、申し訳ございません」と声を震わせながら倒れるかのように深々と一礼。位牌も骨箱も故人が大好きな薄いピンク色の布で覆われていた。

2人は訃報を受け、20日に札幌入り。この日昼頃、同市内で密葬を執り行い、午後2時半過ぎ、聖子が霊きゅう車の助手席に座り、正輝は後続車に乗って遺体を火葬するために斎場入り。沙也加さんは同日午後に荼毘に付された。聖子と正輝は同日夜に帰京。聖子は午後8時頃、遺骨を大事そうに抱え、母親と夫とみられる関係者と羽田空港に到着。約1時間後に正輝が着き、関係者と無言で空港を後にした。

沙也加さんは1986年に聖子と正輝の長女として誕生。聖子とは幼い頃から確執と関係修復を繰り返した。2001年に娘が芸能活動を開始した当初はタレント業の厳しさを知っているからこそ反対したり、交際相手について心配。07年には同居生活を明かしたり、11年のNHK紅白歌合戦で親子共演を披露するなど良好な関係になったが、17年に悪化。沙也加さんが聖子の所属事務所から独立し、同4月に俳優の村田充(44)と結婚した際は祝福コメントもなく、表立った関係修復は見られなかっただけに突然の別れは無念だったに違いない。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳