武蔵野市条例案否決 田村秀氏「多様な声反映を」

産経ニュース

東京都武蔵野市議会で21日、日本人と外国人を区別せずに投票権を認める住民投票条例案が否決されたことについて、元自治官僚で長野県立大の田村秀教授(地方行政)は「多様な声を反映させる仕組みが必要」との考えを示した。

身近に外国人住民が増える中、多様な声を反映させる必要があることは間違いない。今回の定例会では条例は成立しなかったが、意見を集約したり反映したりする何らかの仕組みは今後も求められるだろう。

憲法上の論点となる外国人参政権の問題など、住民投票における外国人投票権がさまざまなことに波及する懸念を持つ市民は少なくない。今回の条例案は急ぎすぎた印象を拭えず、結果として、政党間の対立が住民の分断を招いてしまったといえる。

住民投票は、住民代表である議会の存在意義に関わるため、原則として抑制的であることが望ましい。議会の存在や機能を前提としつつ、時間をかけて丁寧に議論しなおすのが筋だろうし、憲法との関りについては国も積極的に発信するべきだ。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」