「市中感染起こさぬ」 オミクロン初確認で埼玉知事

産経ニュース
埼玉県の大野元裕知事
埼玉県の大野元裕知事

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が21日、埼玉県で初めて確認され、関係機関は警戒を強めている。県によると、陽性と分かった県内在住の40代男性は市中で感染した可能性は低いとみられ、大野元裕知事は記者会見で「しっかり(感染を)抑え、万が一にも市中感染を引き起こすことがないようにする」と強調した。

大野知事は、男性に関し「すぐに入院した」と説明し、県内で感染を広げた可能性は極めて低いとの認識を示した。また、「検査体制を強化し変異株の発生を早期に探知するよう担当部局に指示した」とも述べ、感染拡大抑止に万全を期す姿勢を示した。政府の水際対策については「より一層の強化をお願いする」と注文した。

県によると、男性はオミクロン株感染の疑いがある人と同じ飛行機に乗っていた濃厚接触者。エチオピアを出国して韓国経由で17日に成田空港に到着した。

18日に国から県へ「男性が濃厚接触者に該当する」との連絡があり、県は19日、男性に対し宿泊療養施設に入るよう要請した。男性は同日のPCR検査で陽性となり、県内の医療機関に入院した。現在は軽症で、発熱やせき、のどの痛みを訴えているという。

男性は、成田空港に到着した際の抗原定量検査で陰性だったことから自宅に戻っていたが、1人暮らしのため濃厚接触者はいないという。(中村智隆)

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図