タテジマでのBIGBOSS

上田二朗氏語る17歳の新庄 田舎のプレスリーがホンモノのプレスリーに

サンスポ
1995年の契約更改交渉で、球団事務所にランボルギーニ・カウンタックで乗りつけた新庄
1995年の契約更改交渉で、球団事務所にランボルギーニ・カウンタックで乗りつけた新庄
1993年、1軍投手コーチ時代の上田二朗氏㊨。左は中村勝広監督
1993年、1軍投手コーチ時代の上田二朗氏㊨。左は中村勝広監督

オフの球界を席巻している日本ハム・新庄剛志新監督(49)。その阪神時代を振り返る「タテジマでのビッグボス」の第3回は、17歳の入団当時からコーチとして、フロントとして見守った上田二朗氏(74)=本紙専属評論家=が登場。「田舎のプレスリーがホンモノのプレスリーになってしまった」と今も驚きを隠しきれない。

田舎のプレスリー。その言葉がピッタリくる新庄の入団当時の姿だった。あの年(1990年)は、ドラフト1位の葛西が青森、2位の岡本が岡山、3位の麦倉が栃木、4位の古里と5位の新庄が福岡、6位の吉田浩が富山の出身。とにかく、全員が〝田舎っぺ〟。そろって線が細くてね。

1989年12月、入団発表に臨む新庄(左端)ら
1989年12月、入団発表に臨む新庄(左端)ら

ところが、新庄だけは他の選手に比べると、何をしても目立った。オールバックがなぜが似合う。ジーパンにロングブーツ。これが目立つ。同期の子たちはジーパンに運動靴だったから。多分、本人は全く意識はしていなかっただろうが、後光が差している感じがした。全く活躍していないのに。ルーキーたちを食事に連れていっても、ひとり目立っていた。

投手コーチだった私は、担当外だった気楽さもあって「こいつは気を付けないといけないなぁ。すごい選手になるか、とんでもない悪になるか、育て方が難しい。紙一重かな」と話題にしていた記憶がある。もし、担当の麦倉、古里が同じような行動をしたら叱っていたかも(笑)。

92年に一気にブレークすると、すぐにカウンタックに乗って球団にやってきたり、チーム移動ではとんでもないファッションで現れたり。「やっぱりか」と思ったね。でも彼の場合は文句の付けようがない。成績が伴っていたから。まさに、プロ野球の世界だ。稼いだお金を、あそこまですぐにド派手な世界につぎ込むスタイルは、珍しかったけれど。

野球でもわれわれを黙らせるセンスの持ち主だった。打撃は最初はブンブン丸だったけれど、肩、守備範囲、脚力、どれも素晴らしかった。

内野ノックでショートの練習をしていたときの記憶が鮮明だ。新庄が待っている位置は、外野の芝生の上に入っていて、よ~く見たら、レフトのほんの少し手前。コーチが「そんな場所を守るショートはいないぞ」と注意しても、彼は肩に自信があるから、そこから動こうとしなかった。

このタイプは、私の野球人生でも長嶋茂雄さんぐらいしか思いつかない。長嶋さんは対戦していても、とんでもない球を打たれたりした。〝勘ピューター〟長嶋さんと、成績をまともに比較はできないが、特別な華があって、特別な結果を生み出す点で似ている。タイガースOBで強いてあげるなら田淵幸一さんかな。とにかく、まれに見る存在だ。

もちろん、監督になるなんて、全く想像したことはなかった。田舎のプレスリーが、ホンモノのプレスリーになってしまったわけだ。けれど、人気者ゆえに苦労もしているし、内野も外野も経験しているし、二刀流までチャレンジしている。メジャーの世界も知っている。いい監督になってくれれば。期待? いや、心配しています(笑)。


  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」