リトル・パッキャオ福永亮次が井岡一翔戦へ「記念試合では絶対に終わらせない」/ボクシング

サンスポ
所属ジムで会見した福永亮次(左)と奥村健太トレーナー
所属ジムで会見した福永亮次(左)と奥村健太トレーナー

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級6位の福永亮次(35)=角海老宝石=が21日、世界初挑戦(31日、東京・大田区総合体育館)に向けて東京・豊島区の所属ジムで会見し「記念試合では絶対に終わらせない。ベルトを取りにいく」と宣言した。4度目の防衛を目指す王者の井岡一翔(32)=志成=に挑戦する。

当初は井岡とIBF王者のジェルウィン・アンカハス(29)=フィリピン=が同日に同会場で王座統一戦を闘う予定だったが、政府の新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の水際対策によりアンカハスは来日できなくなり、3日に中止が発表された。井岡陣営は日本選手との防衛戦に切り替え、13日に福永陣営へ正式オファー。16日に福永戦が発表された。

中学卒業後の15歳から続けている型枠大工の仕事中に、奥村健太トレーナー(33)からの電話で突然のオファーを聞かされた福永は「夢かなと思った」という。「そのぐらいの相手。井岡選手はボクシングのお手本のような選手。真っ向勝負する。小細工は通用しないと思っている」と王者に敬意を示した。

25歳でストレス発散のためにボクシングを始め、26歳でプロデビュー。30歳で全日本同級新人王になった。昨年2月にWBOアジア・パシフィック(AP)同級王座、同12月には東洋太平洋王座と日本王座も獲得し、3冠王者となった。

「向こうは調整試合ぐらいにしか思っていないと思うけど、僕が全部つかみ取ろうと思う。挑戦者らしく積極的に闘って、最後には僕が手を挙げていると思う」

元々、来年1月15日に2冠防衛戦を予定していたこともあり、「調整はうまくいっている。体重調整も大丈夫」と減量は残り約3・5キロと順調。井岡戦が決まってからは型枠大工の仕事を休み、朝夜の2部練習で仕上げてきた。

元世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)と同じ強打のサウスポー。風貌も似ていることから「リトル・パッキャオ」の愛称を持つ。WBOAP、日本同級王者は、「大みそかに倒して勝ったらめっちゃヒーロー」と、建設作業員として働いていたことがあり、代役で出場した世界戦で勝利してスターダムにのし上がった本家のように、己の拳で栄光をつかみ取る。

プロ戦績は福永が19戦15勝(14KO)4敗、井岡が29戦27勝(15KO)2敗。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病